今までの留学経験等を教えて下さい

今回、私は語学留学5回目です。
学生時代には毎年長い夏休みを利用し、イギリス、カナダ、ニュージーランドへそれぞれ1ヶ月のホームステイをしながら語学学校へ通うスタイルを。
社会人になってからは、フィリピンで英語を安く学べることを知り、バギオへ6週間の語学留学。
そして今回、安くて質の高いフィリピン留学に味をしめ、セブへ4週間の語学留学へ行ってきました。

いろいろな国へ留学されているのですね。それぞれいかがでしたか?

語学留学といえばネイティブ国へという選択しかないと思います。
ホームステイは、本当に楽しかったです。どちらかというと、英語の勉強がメインというより、外国に遊びに行くついでに英語学校もという感覚でした。その為か、英語が実用レベルになるには程遠く、外国人と物怖じせずにコミュニケーションがとれるようになったというレベル止まりでしょうか。授業も3カ国共すべてグループレッスンのみでした。しかも日本人ばかりのクラス。
 一応どの国もインターナショナルの語学学校でしたが、クラス分けのレベルテストにより、日本人は皆同じクラスになってしまうのです。筆記テストでは高得点をとれる日本人ですが、リスニング、スピーキングでは初心者レベル。どうしても初級クラスにかたまってしまうのです。ま、それはそれで日本人のお友達が増え、週末は一緒に小旅行をしたりと、とても楽しかったのですが。

英語の実力が上がったかといえば、疑問です。

そこで弊社のフィリピン留学を選んで頂いたのは
どういう理由からでしょうか?

 ある日、フィリピン英語留学を紹介するテレビ番組をたまたま見ました。目が覚める思いでした。フィリピンで英語を学ぶなんて考えてもみたことがなかったからです。

しかも、格安!ほとんどマンツーマンクラスで!?
今までのネイティブ国への語学留学はなんだったんだ?
駅前留学で費やしてきたお金はなんだったんだ?
フィリピン語学留学、そんな選択肢があったとは・・・と、目からうろこでした。

早速、フィリピン語学留学を調べ、いくつか問い合わせをし、安く内容も充実してそうなこちらにしました。

実際にフィリピンに行かれて現地の環境はいかがでしたか?

学校の外に出ても、驚くことにお婆さん、お爺さんまでも英語が話せます。街中英語が通じます。テレビも英語のチャンネルばかりです。フィリピン人にとっては当たり前なのでしょうが、お年寄りまでもが英語を話すことに私は衝撃を受けました。

治安もかなり改善させていると思います。セブ島自体が観光地なので、フィリピンの中でも一番治安も良く、日本人が住みやすいところではないでしょうか。

留学されていたCEGAの授業内容や寮の住環境はいかがでしたか?

新しい学校ということで、とてもアットホームな小規模学校でした。いつでも日本人経営者が学校にいるので、ちょっとした事でも何でも聞けて安心でした。セブに来てから徴収される諸経費も、留学前に事前に詳細説明がありました。今回の留学は、安心、信頼こそ第一条件でした。

まず、食事。毎食、おいしい日本米でした。フィリピンのお米はポソポソで汁気のあるおかずを掛けないと食べられたもんじゃありませんが、CEGAのお米は日本米で、おかずも毎食とても美味しかったです。日本食の日もありました。食事にはかなりこだわっているようです。

そして何より先生の質が高い!先生を厳選されているというだけあって、どの先生に教わっても大満足でした。今思えば、他の国での先生は、ただ英語がしゃべれるだけでした。教える事に関しては素人ばかりだったんだなぁと、今になってわかります。そういえば日本で通っていた駅前留学の先生も、ただ英語がしゃべれるだけのネイティブスピカーだったなぁと。CEGAで学んで今思うことは、先生によって自分がこれだけ変われるんだということ。本気で英語を勉強し続ける覚悟ができました。

英語を使う仕事に就きたいと思っています。
今回は4週間の語学留学でしたが、次回は半年くらいみっちり勉強しに行きたいと思っています。CEGAなら、長期留学の価値があります。どこでもいいからと値段だけで学校を選んで長期留学をしても効果はないと思います。

あと、CEGAの面白いところは、大学の中に教室があり、フィリピンの大学生と交流が持てること。大学の学生さんが受ける英語の授業に一緒に参加できる事です。なかなかフィリピンの大学の授業を受ける機会なんてないですから、とても貴重な体験をさせてもらいました。

30代女性 Yさん ライトマンツーマンコース

Cebu campにご入学されるまでの経緯を教えて頂けますか?

はい、Cebu campオープン前には韓国人経営のスパルタコースに通っており、私にとって約3ヶ月に渡るCEBUライフを締めくくるには、十分すぎるほどに充実した日々を過ごさせていただきました。
当初最後の1週間を旅行に充てようと思い、3週間の申し込みにしていたのですがあまりにも居心地が良く、自分の中で成長の兆しが見えてきていたので途中で一週間延長させていただく事にしました。

YUMIさんは現地スタッフと本当に仲良くされていましたよね?笑

そうなんです!
オーナーのお二人は生徒の話に常に耳を傾け、様々なリクエストに柔軟に対応してくださいました。「蚊に刺された!!」と騒げばすぐに蚊取り線香を持ってきて下さったり、「このテキストを授業で試したい」というと快く了承して頂いたりと、時に私たちのわがままともとれるような事にも応えていただいたのは本当にありがたかったです。日本語でのテキストも豊富で自由に使える環境が整っていましたので、持参したテキストが不十分だった時によく利用させてもらっていました。

TOEICの点数が200点くらい上がったとのことですが、CEGAの授業で良かったところを教えて下さい。

以前の学校ではテキストのレベルが高く自分に合っていなかった為かなり苦労したのですが、Cebu campでは超初心者用のテキストから数段階準備され自分で選ぶ事が出来ます。特に私が気に入ったのはDMEメソッドといいうスピーキングに特化したテキストで先生からの質問をそのまま言い返す必要があるため同時にリスニングの特訓にもなるという内容のもので、瞬間英作文の英語バージョンと思っていただくのがイメージしやすいかもしれません。正直簡単にスラスラ言えるようになるものではなく、厳しく優しい先生に何度も何度も繰り返し特訓されました。集中力を要するので、授業が終わった後は大変疲れますが、時に笑いを交えながら楽しく授業を受けることができました。
教員免許を持っている先生や、他校で何年も教えていた経験豊富な先生ばかりでしたので、その他のテキストも私に合ったお勧めの物を授業で自ら試してくれて、自分に足りないものを知ることができました。

英語で英語を学び、混乱せずにクリアになっていくという経験はこの学校が初めてで、英語の勉強は楽しく出来るものだという事に気づき、少し大げさかもしれませんが、英語学習の価値観がかわりました。大きな学校だとどうしても先生によってレベルに差が生じてしまうのではないでしょうか?

よくご飯もおかわりされてましたが(笑)、Cebu campでの食事や生活はいかがでしたか?

日本食中心でフィリピン料理、時々スペイン料理など私たちを飽きさせないように工夫してくれていました。毎朝お味噌汁や納豆が出てきたのはうれしかったです。ダンディーなシェフが作ってくれる食事は私たちの楽しみの一つで、この学校で体ちの楽しみの一つで、この学校で体重が増えてしまいました笑。特にお昼は先生やスタッフさんも常に一緒だったので、英語を使いお互いの文化の違い等を話しながらの食事の時間は本当に楽しかったです。もしかしたら状況によってはリクエストにも応えてもらえるかもしれません。最後の週はわがままを言って好きな果物を出していただきました!

また、ブライティック大学という一般のフィリピン人が通う大学の中にある珍しいスタイルのアカデミーで自分次第でフィリピン人に溶け込む事ができます。

大学の英語の授業に参加したり、大学のイベントを先生と一緒に見学に行ったりと貴重な経験ができました。もしチャンスがあれば、ぜひ大学の授業に参加してみてほしいです!

日本との授業風景のあまりの違いに驚くと思います。私が学生の頃あんな授業を受けることができていたら、英語が嫌いにならずに済んだかも??

又居住環境も一般のペンションハウスですので、Cebu campの生徒以外はフィリピン人がほとんどです。日本人経営だと日本語ばかり使ってしまうと敬遠する方もいらっしゃるかもしれませんが、常に実践で英語を使える環境です。ペンションハウスのスタッフさんも明るくフレンドリーな方が多く、一緒にテラスから花火を見たり良い思い出ができました。ロケーションも申し分なく、徒歩圏内にスターバックスやショッピングモール、薬局やコンビニもあり不自由することはありませんでした。

他校に行かれた経験がある中で、Cebu campに来て良かったと思う点を教えて下さい。

この学校は厳しい規則や門限もありません。正直意思が弱い私は自分に甘くなってしまうかなと当初思っていましたが、自分に合ったテキストと素晴らしい先生方、切磋琢磨できるスクールメイトとの出会いにより、スパルタで朝から夜まで拘束されていた時よりずっと効率よく自分のペースで勉強することができました。
先生とオーナーとの信頼関係がしっかりできている事により、大変雰囲気が良く私たちも心地よく過ごすことができました。休み時間まで生徒と一緒に歌ったり踊ったりしていたタフでフレンドリーな先生たちが本当に恋しいです。


決して長くない留学生活を送る上で、学校選びは非常に大切です。そこを間違うと時間とお金が無駄になってしまいます。個人の相性等もありますので全ての方に当てはまるわけではありませんが、私はこの学校を選んだことにより、日本に帰ってきてからも同じモチベーションで勉強を続けることができています。今後たくさんの生徒に私と同じような素晴らしい経験をしてほしいと思うと同時に、アットホームな温かい雰囲気のままでいてほしいなともひそかに思っています。

平日の放課後や週末はどのように過ごされていましたか?

平日はほとんどの生徒がペンションハウス内で勉強をして過ごしていましたが、週末は時々隣のbarやビリヤードに行き楽しい時間を過ごしました。ビールが30ペソ(約70円)で飲めちゃいます!カモテスやオスロブ、カワサンへ旅行に行き、綺麗な海で癒されたり、ジンベイザメと泳ぐという忘れられない思い出も出来ました。

逆に、Cebu campの改善点等ありますでしょうか・・・?

完全なる個人的な考えだという事を御承知の上、参考にしていただければと思うのですが、日本と同じレベルの生活を求める方、ただ勉強だけがしたいという方は向いていないと思います。何故ならこの学校では授業以外で学ぶこと、フィリピン人との係りもとても深いからです。せっかくCebu campにいるのですから机に向かうだけの勉強ではなく、フィリピンを思いっきり体感していただきたいと思います。

最後にCebu campをご検討されている方へメッセージがあればお願いできますでしょうか?

帰国後、TOEICを受験しました。前回の点数より200点位高かったのには驚きました。特にリスニングは自分でも成長がわかるくらいでしたが、リーディング、文法、ボキャブラリーを増やす事等の課題も見つかりました。
4週間は本当にあっという間で時間が足りませんでした。最終日には先生がダンスをしてくれたり、シェフのRoyさんが歌を歌ってくれたりサプライズたくさんの温かい卒業式で送り出していただき、お別れが本当に辛かったです。大きな学校を好む方もいるかとは思いますが、オーナーや先生との距離が近く、家族のような付き合いをさせていただいていたので、未だ逆ホームシックを引きずっています。(笑)"ただいま"と言える場所が又一つフィリピンにできたので、近い将来必ず会いに行こうと思っています。それまでに自分で課した目標を達成する為、時にCebu campの先生に助けを借りながら努力を続けたいと思います。
最後になりますが、オーナーの山根さん、小仲さん、たくさんのご親切と、素敵な時間を過ごさせていただき本当にありがとうございました。こちらで過ごした4週間は私の今後の人生の糧となります。そして先生方をはじめ、私に係ってくれた全ての皆さまに感謝申し上げます。

今回はお時間を頂き、ありがとうございました。またセブ島でお待ちしています!

60代男性 Hさん レギュラーコース

今回はご夫婦でご入学頂きました。宜しければ経緯を教えて下さい。

私は旅行が趣味で、定年退職後、妻と共に海外旅行によく行くようになりました。
海外旅行には慣れている方だと思いますが、やはり添乗員付きのパッケージ旅行が安心という事もあり、いつも利用していました。
フリータイム中や買い物をする時、いつも思うのが、
「英語がもう少し話せたら、現地の人達と会話が楽しめるのでは?」
「もっと買い物で値切れるんじゃないかなぁ?」
という事でした。

そんな安易な考えと、海外旅行好きの私達夫婦にぴたりときたのが、このセブ英語語学留学でした。
定年後ですので、時間はあります。
元気なうちに海外旅行に使おうと、予算も多少は余裕がありました。
ましてや、フィリピン語学留学ならば、一度のヨーロッパ旅行で費やすお金で、何ヶ月も滞在し、英語の勉強まで出来てしまうと言うのだから、本当にありがたい話です。

たくさんある語学学校の中からCebu campを選んで決め手は何だったんでしょうか?

私がCebu campを選んだ理由は、日本人経営だからでした。
何ヶ国も海外を旅行した経験からも、何かあった時のフォローや、きめ細かいサービスが出来るのは日本人だけと期待しての事でした。
今回、妻と2人で4週間の語学留学を体験しました。
まず、申し込みの段階から、細かい質問にまで親切丁寧に対応して頂きました。
空港への迎えから、日本人経営者自らのお出迎えでした。
フィリピンというお国柄、治安の面等、不安は多々ありましたが、日本語が通じる環境の中、何不自由なく過ごす事が出来ました。
ちょっとした事でも、英語学校に関係のない事でも、何でも気軽に日本語で相談が出来るというのは日本人経営ならではでしょう。

平日は1日6時間コースで勉強し、週末はセブを満喫するという、何とも充実した日々でした。
当初はマンツーマン4時間、グループ2時間というスケジュールでしたが、実際に体験してみて、妻はグループクラスよりマンツーマンが良いと言い出しました。
全く英語初心者の妻にはグループクラスは少し気遅れしてしまったようです。

そんなわがままにも直ぐに対応してくださり、妻はマンツーマン6時間に変更の手続きをしてもらい、毎日本当に楽しんでおりました。
私にとっては、グループクラスも他の生徒さんとの楽しい時間であり、若い方々の生き方に刺激を受け、とても勉強になりました。
やはり実際に来てから体験してみない事にはわからない事が沢山あります。
そんな柔軟な対応も、日本人経営ならではなのでしょう。

先生は皆、とても明るく、わかりやすく、それぞれのレベルにあった教材を見つけてくれ、毎日楽しい授業でした。
こんなに自分の事を話したり、日本語でもなかなかしない説明をしたりと、改めて英語を話す楽しさを実感しました。
英語の勉強も私にとってはボケ防止の一つとして、今後も継続していきたいと思っています。

セブでの生活はいかがでしたでしょうか?

寮として使っているペンションハウスのスタッフもとても感じが良く、決して広いとは言えない部屋でしたが、小奇麗で住み心地は良かったです。
食事も問題なし。毎食おいしい食事が提供されました。

この4週間、毎日規則正しく生活し、勉強し、まるで学生時代に戻ったような楽しい時を過ごす事ができました。
これからは添乗員付きパッケージ旅行だけでなく、夫婦2人だけで自由に海外旅行を楽しむというのが今の目標です。

本当に何から何まで色々お世話になりました。
この楽しい貴重な体験が実現できる環境を作っていただいた日本人経営者、山根さんと小仲さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
必ずまたCebu campに戻って来たいと思います。
まわりで語学留学に興味がある人がいたらCebu campを勧めたいと思います。

ありがとうございます!私どももHIROSHI様とまたセブ島でお会いしたいと思います。また宜しくお願い致します!

ワーホリ前のセブ留学!
Cebu camp HEAD LINE NEWS
文部科学省
文化庁
 オンライン英会話コンシェルジュ
セブの天気
格安プラン1
格安プラン2
格安プラン3

※現地で学習をするには授業料・食費・寮費の他に、別途現地でお支払い頂く費用がございます。

他社比較
他社価格徹底対抗宣言
お問い合わせ、資料請求の方はこちら
メニュー 留学先の生活を調べたい方はコチラ プログラムについて調べたい方はコチラ

Cebu camp(語学留学振興会)

本社
住所:東京都品川区上大崎2-15-19 MG目黒駅前 2階
電話番号:0120-799-907